さが地元就職記

新卒、UJIターンなど佐賀での地元就職体験を紹介します。今回は佐賀トヨペット株式会社(佐賀市)の江頭千尋さんを紹介します。

2018年4月9日更新

江頭 千尋さん  佐賀トヨペット 株式会社

えがしら・ちひろ/佐賀市生まれ。広島県内の大学を卒業後、2017年4月、佐賀トヨペット入社。営業スタッフとして得意先の開拓に努める。中学、高校と美術部に所属。イラストと旅行が趣味。

「江頭さん」と指名されるように

■今のお仕事についてお聞かせください。

 自動車ディーラーの営業スタッフで、2017年4月に入社しました。担当エリアの訪問営業や、来店されるお客様のご案内などをしています。まだまだ自分のお客様と言える方々は片手で足りる程度ですが、いつか来店されたお客様に「江頭さん」と声をかけていただき、お迎えできるような営業スタッフになりたいと思っています。
 入社以来、自動車に関することはなんでも勉強の毎日です。取り扱い車種は当然ですが、他社の車種に関することやナンバープレートの見方など、なんでもです。

家族と同居で心にゆとり イラストの個展も開く

■入社のきっかけを教えてください。

 教育学部で教員を目指す気持ちもあり、進路に迷っていました。佐賀で就活を始めたのは2017年の2月から。まずはハローワークと思い立ち足を運んだところ、新卒でしたから「ジョブカフェSAGA」を紹介してもらいました。
 ジョブカフェでは早速、5社が会社概要を説明する ミニ合説 への参加を勧められました。正直、合同説明会への参加は初めてで、とりあえず、3社の説明を聞きました。その中の1社が当社で、その時は「非常に真面目な会社なんだな」という印象を受けました。その後、何度か面談をする機会があり、縁あって4月から働くことになりました。

■佐賀で社会人生活のスタート。いかがですか。

 最初は本当にバタバタしていましたが、入社して半年が経ち少し落ち着いてきました。一人暮らしのころは家事などを全て自分でしなければなりませんでしたが、今は家族もサポートしてくれるので心に余裕が生まれています。
 もともと絵を描くことが好きで、中学、高校と美術部でしたが、大学のころは筆を持つことがあまりありませんでした。もちろん学生時代より今の方が忙しいのですが、例えば早起きをした時など時間を見つけては絵を描いています。9月には仲間と東京で個展を開きました。仕事とプライベート、とてもバランスが取れていると思います。

■今後の目標をお聞かせください。

 お客様を訪問する際には、手書きのお手紙を用意するなど自分を覚えてもらうため、さまざまな工夫をしています。「車を買うときはお願いしたい」と言ってもらえるようになることが目標です。
 自動車の販売はもちろんですが、毎日、安全に乗っていただくための整備や点検も、自動車ディーラーにとって大切な役割です。小さな不具合を直しておけば、その後に大きな修理をせずに済むこともあります。自動車があるお客様の暮らしをしっかりとサポートできるようになりたいですね。

さが就活にゃび
佐賀さいこうUJI就職応援事業
採用担当者様へ 企業登録はこちら
インターンシップ実施企業
佐賀県内の大学・短大・専修学校・各種学校紹介
ワークルールブック
  • facebook
  • line
  • twitter
さがHRラボ
Re:サガミーティング
佐賀移住ポータルサイト
ジョブカフェSAGA
SAGAものスゴ・MONOSUGOBITO デジタルアーカイブ
IT is SAGA
Let’s“ゆとり”!キャンペーン